貿易事務の仕事

貿易事務の仕事内容は?

貿易事務の仕事は、業界や業種によってだけではなく、担当部署によっても仕事内容が異なります。

そして、業務によって仕事内容はもちろん、求められるスキルも異なってきます。

大規模な会社では、「営業アシスタント業務」と「船積み書類作成業務」というように、大きく2つの業務に分かれます。

中小規模の会社では、どちらの業務も仕事に含まれることが一般的です。
営業アシスタント業務は、貿易についての事務手続きをするというよりは、契約に基づいて国内外のクライアントと価格や数量、納期や所属などの調整業務を担当します。

クライアントとのコミュニケーションが多いお仕事になりますので、英語力は必須

緊急の場合は国際電話でやり取りをしますが、メインはEメールです。

クライアントから送られる様々なリクエストや問い合わせを正確かつ迅速に読み取り調整する力が求められます。

もちろん貿易知識も習得しておいたほうが、仕事はスムーズに進むでしょう。

貿易船

 

貿易事務は輸出と輸入

貿易事務は、大きく「輸出」と「輸入」に分かれます。

簡単に言うと日本の企業が海外の企業へ製品や商品と言ったモノを売るときは「輸出」。

逆に日本の企業が海外の企業からモノを買うときは「輸入」となります。
貿易事務のもうひとつの主要業務、「船積み書類作成業務」。船積み書類の作成業務では、その貿易契約締結後の船積み書類作成が、業務がメインとなります。

「船積み書類」とは、通関書類やB/L、買い取り書類などです。

電話やメールでのやり取りではなく、役所や関係機関に提出する書類を作成せねばなりませんから、英語力については会話よりも読み書きのスキル、ビジネスで通用する文章能力が重要です。
また、税関への申請書類や銀行への持ち込み書類などを作成するので、未経験の場合は、貿易実務検定C級レベルの知識は必要でしょう。

書類の内容で一文字でも間違うと取引ができなくなることがありますから、正確かつスピーディに処理できる人材が好まれるようです。